G-EVER title

breadcrumb navigation> G-EVER Hub トップ

English Version
G-EVER pictures

アジア太平洋は,地震・津波・火山噴火の大規模自然災害のリスクが高い地域です.2011年の東北地方太平洋沖地震のように,一旦大規模災害が発生すれば,高度に発達した国際経済社会では,サプライチェーンへの影響など,被災国のみならず,様々な国際的な問題に発展します.大規模自然災害への対策は,人間の安全保障として,経済の持続的発展のためにも重要です.アジア太平洋地域の地震及び火山災害軽減,リスク対策は,現在各国でさまざまな活動が行われていますが,各研究機関,関連組織の協力体制の確立,防災関連情報の共有化等が必要とされています.

2012年より発足したG-EVER(アジア太平洋地域大規模地震・火山噴火リスクマネジメント)コンソーシアムでは,G-EVER1ワークショップで採択したG-EVER1協定に基づき以下の活動を進めています. (1) アジア太平洋地域の協調,自然災害軽減の推進, (2) 災害時に役立つ各種災害情報の整備,共有, (3) G-EVER Hub サイトの構築, (4) データ交換,共有,分析のための国際標準化の推進, (5) 既存のVHub, IRDR, GEM, GVM, WOVOdat 等の各種プロジェクトとの連携, (6) ”borderless world of science ”の推進,世界基準ハザードマップの作成, (7) 研究者,ポスドク,学生等相互交流の推進, (8) 各種ワーキンググループの設立,個別のテーマ毎に横断的な活動の推進等.

G-EVER活動を円滑に進めるため, 2012 年 11 月より産総研所内にG-EVER 推進チームが発足しました. 2013 年 3 月 11 日には,産総研において第1回 G-EVER 国際シンポジウムを開催しました.また, 2013 年 10 月 19-20 日に,仙台において,第2回 G-EVER 国際シンポジウム,第1回IUGS・日本学術会議国際ワークショップを開催しました.現在, (1) 巨大地震のリスク評価 WG,(2) 巨大噴火のリスク評価 WG,(3) 次世代型火山災害予測システム WGの3つのワーキンググループ活動,そして,アジア太平洋地域地震火山災害図プロジェクトを進めています.このプロジェクトにおいて,2016年5月20日に,東アジア地域の地質調査機関と協力し,東アジア地域地震火山災害情報図を出版しました.

最新情報

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
2016年10月21日G-EVER火山災害予測支援システムのTephra2のバクを修正しました.
2016年10月4日第1回CCOP地質情報総合共有プロジェクト国際ワークショップの参加報告を掲載しました(宝田晋治).
2016年10月4日第35回バンコク地質学会議(35th International Geological Congress)の参加報告を掲載しました(宝田晋治).
2016年5月26日東アジア地域地震火山災害情報図を出版しました.こちらから図と説明書をダウンロードできます.
2016年4月22日2016年熊本地震の現地調査結果情報を追加しました(英語版)(地質調査総合センター).
2016年4月17日2016年4月16日エクアドル地震の情報を追加しました(石川有三).
2016年4月16日2016年4月16日M7.3熊本地震の情報を追加しました(石川有三).
2016年4月15日2016年4月14日M6.5熊本地震の余震分布と地質を掲載しました(地質調査総合センター).
2016年4月14日2016年4月14日M6.5熊本県地震の情報を掲載しました(石川有三).
2016年4月2日2016年4月1日M6.5三重県南東沖地震の情報を掲載しました(石川有三).
2016年3月10日 インドネシア地質総局 (Geological Agency of Indonesia) 出張報告を掲載しました(宝田晋治).
2016年2月7日2016年2月6日M6.4台湾南部の地震の情報を掲載しました(石川有三).
2015年9月10日 CCOP地質情報総合共有プロジェクト検討会議の報告を掲載しました(宝田晋治).
2015年8月10日 フィリピン火山地震研究所(PHIVOLCS)との国際共同研究の内容を掲載しました(宝田晋治).
2015年7月20日 26th IUGG General Assembly 2015参加報告を掲載しました(宝田晋治).
2015年5月10日 箱根火山付近の地震活動情報を掲載しました(石川有三).
2015年4月25日 2015年4月25日のM7.9ネパール地震の情報を掲載しました(石川有三).
2015年4月22日 2015年4月22日の チリのカルブコ火山の噴火情報(ワシントンポストより).
2015年3月20日 Titan 2D による数値シミュレーションと国土地理院10m標高データ(国内)が G-EVER火山災害予測支援システム上で利用できるようになりました(正式公開).
2015年3月19日 国連防災会議に合わせて国際科学会議(ICSU)と国際社会科学協議会(ISSU)による "Disaster Risks Research and Assessment to Promote Risk Reduction and Management"が出版されました.
2015年3月16日 第3回国連防災世界会議の開催期間中に,2015アジア太平洋地域地震火山ハザード・リスク国際ワークショップ を仙台市で開催します.
2015年2月26日 2015アジア太平洋地域地震火山ハザード・リスク国際ワークショップの講演要旨集 を公開しました(4.2MB)
2015年1月16日 水文学的・地球化学的手法による地震予知研究についての第13回日台国際ワークショップ報告(小泉尚嗣)が掲載されました.
2014年12月30日 国際地質科学連合(IUGS)の公式JournalのEpisodes2014年12月号 に,2013年10月に仙台市で開催した第2回G-EVER国際シンポジウム,第1回IUGS&SCJ国際ワークショップの特集号が掲載されました(オープンアクセス).
2014年12月3日 第10回アジア地震学会(フィリピン・マカティ市)参加報告(石川有三)を掲載しました.
2014年12月1日 2014年11月22日 長野県北部の地震 関連情報 (M=6.7)を掲載しました.
2014年10月15日 IAVCEI Cities on Volcanoes 8 国際会議参加報告(宝田晋治)を掲載しました.
2014年7月7日 アジア太平洋地域地震火山ハザード情報システムの試験公開を開始しました.
2014年4月2日 地震情報: チリ北部沿岸のM8.2地震(2014年4月2日) (産総研石川有三氏)
2014年4月1日 活断層・火山研究部門が発足しました.

問い合わせ先

G-EVER推進チーム (G-EVER PT)

Email: g-ever-ml@aist.go.jp

2016年10月25日更新